フォト
無料ブログはココログ

« 人はなぜアートをみるのか? :唐澤編 | トップページ | 最近こんなことやっております。 »

2010年8月31日 (火)

瀬戸内国際芸術祭ー観光資源としてのアート

こんにちは。ワシダです。

からプロは8/27-29に現在開催中の瀬戸内国際芸術祭に行ってまいりました!

P1040381
↑なぜかスゥドーホーの作品の中で地元テレビの取材を受ける唐澤の図


個々の作品については、唐澤からも紹介があると思いますので、私からは割愛します。私からは「観光資源としてのアート」について考えてみたいと思います。

「地域をアートで盛り上げよう!」といった取り組みは、大小様々に行われています。その中でももっとも規模が大きく、話題性も大きいものが『瀬戸内国際芸術祭』です。しかし、こうした地域振興アートイベントには批判の声が大きいのも実情です。

・・・越後妻有アートトリエンナーレで感じた違和感

例えば、私達が昨年訪れた『越後妻有アートトリエンナーレ』では、「第4回を迎えたにもかかわらず、未だに地元の住民の中には、歓迎しない人も多い」との話を伺いました。確かに里山にぽつんぽつんと配されたアートはどこか取って付けたような印象があり、なぜここでアートイベントをやらなければならないのか?という疑問が、つねに私の頭の上を浮遊していました。
それでも、『越後妻有アートトリエンナーレ』を通じて、美しい里山の風景を知ることが出来ましたし、美味しい山と川の味覚に舌鼓を打つことが出来ました。奇抜な現代アートを楽しそうに紹介する村のおじいちゃんおばあちゃんとの交流はとても暖かいものがありました。確かに、『越後妻有アートトリエンナーレ』は越後妻有の魅力の多くを私に教えてくれましたし、またそのように計画され、上手くそれ形にしていました。その点には私も多いに感心し、学ぶところがありました。
しかし、そもそも「なぜ、越後妻有の魅力を伝えなければならないのか?」
「なぜ、観光客を増やさなければならないのか?」「なぜ、住民を増やさなければならないのか?」「そして、それはなぜアートなのか?」という根本的な問いかけへの答えが、少なくとも私には見えてこなかったのです。それは、なんだかとても釈然としない気分を私に与えたのでした。

・・・瀬戸内国際芸術祭ー副菜としてのアート

越後妻有で私が感じた違和感は今回の瀬戸内で確信めいたものへと変化しました。
すなわち、「観光資源としてのアートは副菜であり、メインディッシュにはなり得ない」ということです。
アートはあくまでも付加価値であり、アート以外にメインとなる観光資源の存在が不可欠なのです。そして、観光資源としてアートを活用しようと考える時には、それ以前にメインディッシュたりうる観光資源がそれ単体でも十分な集客力があり、それを受け入れるだけのハードソフト両面での設備が整っていることが最低条件なのです。

越後妻有はこの点で違和感を感じるのです。メインディッシュたるべき観光資源、すなわち、温泉とスキーが十分な集客力をもたず、また、受け入れの設備もバブル期のままという状況。その状況へ副菜としてアートを立派に飾り立てたところで、それは取って付けたようにしか見えないのです。それも、夏場にこの地域を見たところで、メインディッシュのスキーや温泉の魅力は伝わりません。

・・・瀬戸内国際芸術祭の場合

対して、瀬戸内国際芸術祭ではもともとある観光資源を活かしながら、更なる付加価値としてアートを取り入れています。瀬戸内といえば、もちろん海。海水浴にクルージング、新鮮な海の幸とその魅力は海を通じて一貫しています。そこへ新たな魅力として瀬戸内国際芸術祭をスタートさせることで、話題性を産み出し、新たな顧客を創造します。もともと、観光地として整備されているため、ハード面での取って付けたような印象はあまりありません。
また、メイン会場でもある直島はアートの島として知られ、1992年にはベネッセミュージアム、2004年には地中美術館、そして今年2010年には李禹煥美術館が開館しています。直島の美術館は宿泊施設に併設されており、海でのリゾートをメインに、副菜としてアートを楽しむというシステムがすでにこの島内で出来上がっています。

これだけのお膳立ての上で今回の芸術祭は始まりました。

TVや雑誌がこぞってこの芸術祭をとりあげたのは、まさにこの芸術祭が夏のリゾートであり、『海だけでなくアートまで楽しめちゃう今年注目のスポット』だったからです。海がなければこの芸術祭は成り立たない。アートがどんなに美しくても、海が汚ければ芸術祭は成り立たちません。でも、海がきれいであれば、アートの質はあまり問題にならない。(もちろん、そこで質の高いアートをみせることには意味はありますが、それはあくまでも藝術愛好家の意見です。)アートはあくまでもメインを引き立てる副菜なのです。

※例外はあります。例えばパリ。芸術が観光のメインディッシュになることも確かにあるのです。しかし、日本にそういった場所はあったでしょうか?京都とかでしょうか?いづれにしても日本では極めて例外的でしょう。

・・・観光資源としてのアート

もういちどくり返しましょう。

「観光資源としてのアートは副菜であり、メインディッシュにはなり得ない」

ある土地でアートイベントをやろうと考える場合、まずはその土地の元来の観光資源を学ぶこと。もしもその観光資源が活かしきれていないと考えるならば、それをアートで補おうと考えてはいけない。それはせいぜい一過性のブームを起こすだけだから。私達がまずしなければならないのは、土地元来の観光資源を復興すること。
アートはそのあとの話。
メインディッシュが整えば、副菜もどう調理するかが自ずと決まってくるはずです。
そうしたら、十分に”お膳立て”をして、アートをのせることができるのです。

アートは付加価値。

・・・アートを目的にしてはいけない

したがって、アートを目的にしてはうまくいかないはずなのです。
「芸術祭を通じてアートに親しみを持ってもらいたい」とか、
「芸術祭から日本のアートを海外へ発信する」、「新しいアートの歴史を生む」というのは、
アートイベントの目的にはなり得ない。
だから、「芸術祭は本質的なアートの意味をはき違えている」などの批判は、それこそ「観光資源としてのアートをはき違えている」といえるでしょう。
目的は観光。それが嫌だというなら、観光資源としてアートは利用できないでしょう。

これは、おそらく観光に限ったことではないとおもいます。

○○○×アート という形で何かにアートを取り入れようとする場合、
常にアートは目的にはならない。他の目標のためにアートを利用するに過ぎないのです。

アートにはきちんと、アートの目的を果たすための場所があります。ね。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

とにはかくには。

瀬戸内はとても良いところでした。海は穏やかで、景色は明るい。来年は水着をもって、直島に泊まってみたいと思いました。一日目は海水浴、二日目はアートかな。
今回はちょっと詰め込みで大変だったので、今度はゆっくり行きたいと思います。

最後に瀬戸内国際芸術祭でのオススメ作品&スポットを紹介して
今日はおわりにしましょう。

○クリスチャン・ボルタンスキー(豊島)
P1040438

○精錬所(犬島)
P1040432

○男木島
P1040347

○李禹煥美術館(直島)
P1040277

2010.8.31
ワシダ

今回は少し長くなってしまいました。
自分で気がついたことをつらつら書いてしまいました。多々読みにくくてすみません。
言葉足らずなので、もし疑問やご意見ございましたら、メールでもツイッターでもぶつけてください。

« 人はなぜアートをみるのか? :唐澤編 | トップページ | 最近こんなことやっております。 »

ワシダアキ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内国際芸術祭ー観光資源としてのアート:

« 人はなぜアートをみるのか? :唐澤編 | トップページ | 最近こんなことやっております。 »