フォト
無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年1月

2010年1月 7日 (木)

からプロ×吉祥女子高校『変価展』

からくりプロジェクト特別企画展
変価展

1月10日にイベントあります!

○ディスカッション
 2010年1月10日  14:00-15:00
 来場者も交え、出品高校生たちが作品についてディスカッションします。
 現役高校生の美術に対する想いが伺えるかもしれません。
 また当日はギャラリーFACE TO FACEの山本清さん、吉祥女子高校美術科教員の徳山高志先生、
 からくりプロジェクトのワシダ・唐澤も参加いたします。
 様々な立場から、美術教育についてのお話も掘り下げていきたいと思っています。
 どうぞ足をお運びいただければと思います。

===================================
展示詳細

パナソニック教育財団助成金を受けての鑑賞教育プロジェクトの連動企画。
今年夏に吉祥女子高校で開催されたワークショップ『芸大生にチャレンジ!』から
生まれた発想豊かな高校生達の作品が展示されます。
また本展は高校生が初めて自分達で企画展を作り上げました。
未来のアーティストと未来のキュレーターが集まって、はたしてどんな展示になるのやら?

鑑賞教育プロジェクトの概要は以下リンク
プロジェクト経緯
夏の夏期セミナーの様子
Henkablog1_3


Henkablog2_2

ーー展示コンセプト
 今年7月に「油絵学科の藝大生、福本健一郎さんにチャレンジ」という企画が始まった。1000円以内で主となる素材を数多く集め、制作された作品は福本さんから直接講評を受けた。また、福本さん自身も同じ条件下で作品を作り、私たち吉祥生にとっては講評と共に大きな刺激となった。
前述の条件に基づいて集められた素材。これらは他と代えが利くものではあるが、作品にすることで唯一のものとなっている。その内面的な価値の変化は「変価」ともいえるだろう。今回の『変価展』には、素材から作品への視覚的変化以上に多数から唯一への変価を感じて欲しいという想いが込められている。(参加学生)

ーー変価展に寄せて。
 福本健一郎さんを招き、充実した『藝大生にチャレンジ!』でしたが、今回、福本さんの個展とほぼ同時期に、改めて展覧会を企画し、制作を追体験することは、自分の〝創造体験〟を相対化し、社会の中での美術の価値と自分の立ち位置とを自覚する良い契機になることと思います。「変〝価〟展」と題されたように高校生たちの価値観の変容はどのようにもたらされたのか、展覧会の現場で是非、確かめて下さい。(吉祥女子高等学校美術科教諭 徳山高志)

会期  前期2009.11.23-29 後期2010.1.10-24
開廊日 2009.11.23(月)・29(日) 2010.1.10(日)・24(日)   
13:30〜17:00
会場  からさわクリニック 国立市東1-15-12国立東加賀屋ビル7 F
TEL 042-573-4114

大きな地図で見る

出展者
内田 旭咲 川戸 理沙 五味 桃夏 高野 敦子 高埜 真衣子 辻野 理恵
長沢 麗 濱口 明日香 藤田 彩奈 三浦 潮織 吉野 聡子 青栁 百香
小林 千眞 重長 奈津美 渡川 いくみ 長尾 茉由子
德山 高志 福本 健一郎 唐澤 茉也 ワシダ アキ

《変価展》関連イベント
○オープニングレセプション
2009年11月23日  12:00-15:00

○ディスカッション
 2010年1月10日  14:00-15:00
 来場者も交え、出品高校生たちが作品についてディスカッションします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
恥ずかしながら、チューター・教員・ゲストも、高校生に混ざって作品を出品しています。
2009年11月23日スタートです!
今後の美術教育を考える上でも何かしら参考になるかもしれません。

ワシダ

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!

Photo

2010年初からプロブログは
昨年のまとめと新年の抱負から参りたいと思います。
ワシダ・唐澤より、昨年を漢字一字で表現してみました。
本年もどうぞよろしくおねがいいたします。


ワシダアキ
[能]

 初めてメインキュレーションをおこなったHome展に始まり、Kids展、吉祥女子高校との教育プログラム、せいが保育園でのクリスマスイベント。2009年はからくりプロジェクトを通じて、多くの新しい経験が出来ました。その経験のすべては私にとって「想いは形にすることが出来るのだ」という自信を与えてくれるものでした。漢語において、英語のcanを表す『能』。思うようにことが進まず、不安になったときも「できる!」という気持ちが私の原動力になりました。しかし、すべての企画は私一人で成し得たものではありません。多くの「才能」に出会えたことも2009年の大きな喜びです。一人一人の才能が組み合わさり、より大きな感動を産み出す瞬間を沢山見ることができました。ときにそれは私の想像を遥かに超えた素晴らしいものでした。
2010年も多くの才能と出会い、多くの想いを形にできるように、願いも込めて『能』の一字を今年の漢字として選びます。

そして本年の私の抱負は「決める」!です。
これまで学んできたこと、経験を活用して、
「一発決めてやろう!」それが新年への抱負であります。

 昨年お世話になりましたすべての皆様に。ありがとうございました。
 未熟な私ではありますが本年もどうぞ。よろしくおねがいいたします。


唐澤茉也
[実]

からくりプロジェクトで、私が昨年一年最も印象的だった企画は、第9回企画展『アートの中のわたし、わたしの中のアート』、そしてパナソニック教育財団の助成を受けて行った高校生対象の体験鑑賞一体型教育プログラム開発です。

第9回企画展では、写真・彫刻・映像の各ジャンルから櫻井裕子・土屋裕介・山田周平の3作家をからさわクリニックで紹介しました。出展作品の圧倒的な質の高さ・説得力と、あるいは偶然にも作品が全て人物をモチーフとしており、患者さんにとって親しみやすかった、ということもあるのでしょうか、たくさんの感想をいだきました。治療のために来院した、美術に特に関心のない、いやむしろ、こと現代美術に関しては敬遠していたかもしれない患者さんから反応がもらえたことには、私も約3年間続けてきたプロジェクトに一定の成果を感じることができました。私がこの展示で心がけたこととは、このところよく聴く「アートで町興し」「アートで心を豊かに」といった押し付けがましい展示にならないように、ひたすら「上質な作品を、最も良く見える形で見せる」ということでした。こだわりのファッションに身を包む人を町で目にするにつけ、美を愛でる気持ちはもともと日本人の誰もが、しかも高いレベルで持っていることは明らかだと思ったからです。第9回企画展『アートの中のわたし、わたしの中のアート』は、もちろん全員とはいかないまでも、見てくださった人のいくらかには「わたしの中にもアートを面白がる気持ちがあるんだ」と発見してもらえる展示になった思います。「将来のアートファンと美術品のコレクターを増やす」というプロジェクト立ち上げ時のアイデアが、一つ“実った”と感じられたのがこの企画展でした。
高校での体験鑑賞一体型教育プログラム開発の発想の発端は、将来的には作り手よりも受け手の方が圧倒的に多くなるのが美術なのに、学校ではほとんど美術鑑賞教育が行われないことに疑問を感じたことでした。どちらかといえば生涯教育的な活動をしてきた「からくりプロジェクト」ですが、継続してやっていく中で、より若い人たちに、教育という立場から美術館賞の面白さを伝えたいとも考えました。プログラムは今年度いっぱいの企画で現在も実践中であるため、まだ客観的に見ることはできずにいますが、東京藝術大学絵画科油画専攻3年の福本健一郎さん、吉祥女子高等学校美術科教諭の徳山高志先生と協同して、大変充“実”したプログラムが企画できたと思います。このプログラムでは、過去の巨匠の作品を鑑賞するのではなく、より身近な美大生の作家とワークショップなどを行いながら、高校生たちに実感のこもった鑑賞体験を持ってもらうことを目指しました。対象となる美大生は、アーティストとしての力があることはもちろん、高校生たちに言葉で伝える能力も求められるという、大変難しい立場でしたが、福本さんは見事にその役目を果たしてくれました。まさに福本さんあっての鑑賞教育プログラムだったと思います。ありがとうございました。

こうして、大学入学以来やってきた「からくりプロジェクト」の構想が、私の中で1つ(2つ?)結実したのが今年一年でした。その意味で、私は今年を締めくくる漢字一字を、実るという意味の「実」にしました。しかし、「実」を運んで別の場所に種として植えてくれるのは、風や、実を食べてくれる動物たちです。「からくりプロジェクト」のアイデアがどんどん広まって、アーティストを目指す人たちが明るい未来像が描けるような日本のアートシーンになっていったら、と思います。そしてそのためには、風や動物になってくれる周りの人たちの協力が欠かせません。来年もプロジェクトが活動していく中で、展示場所を提供してくれる方々、既に美術の仕事をされている先輩たち、そしてアーティスト、etc…たくさんの方々にお世話になると思います。運んでもらう価値があるだけの実が付けられるよう、唐澤・ワシダともども日々精進してまいりますので、今年もどうぞよろしくお願いします。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年6月 »