フォト
無料ブログはココログ

« 第9回企画展 「アートの中のわたし、わたしの中のアート」 | トップページ | 第9回企画展「アートの中のわたし、わたしの中のアート」作家紹介② »

2009年7月13日 (月)

「アートの中のわたし、、わたしの中のアート」 作家紹介①

Camouflage_02_right_blog

今日家の近くでさるすべりの花が咲き始めていました。いよいよ梅雨明けでしょうか?


展覧会に先駆けて、出展作家を紹介していきます。

第1回目は山田周平さん。
今回出展してくれるのは、女性のポートレートと、同じ人が金髪・サングラスをつけたポートレートを交互に映像で見せる、シリーズ《Camouflage》です。
バカバカしくなりそうな金髪・サングラスという変装アイテムですが、音もなく普通のポートレートと交互に映されると、そこには恐ろしいほど静かな時間が流れ出します。

作品のアイデアは、海外旅行をした際に、「サングラスの似合わない日本人と、それをかけたときの匿名性」に興味を持ったことに始まるそうです。撮影はモデルの地元や思い入れの深い場所で行われ、本来土地とモデルは深く結びついているはずです。しかし“変装後”には、モデルはそこから切り離されて、宙吊りにされます。

唐澤、ワシダ共にモデルをやらせてもらいましたが、とても面白い経験でした。
変装後”は、自分が見る周りの景色はなんら変わらないのに、周りから見れば私は全く違う人間になります。というより、ほとんど私ではなくなります。自分の自己認識と他者の自分に対する認識がズレるのは、奇妙な感覚でした。

現在山田さんは、シリーズを100人撮るためにモデルを募集中です。お礼などを差し上げることはできないようですが、経験者として言えば、オススメです。
関心のある方はコチラまで。

[からくりプロジェクト 唐澤茉也]

« 第9回企画展 「アートの中のわたし、わたしの中のアート」 | トップページ | 第9回企画展「アートの中のわたし、わたしの中のアート」作家紹介② »

最新情報」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アートの中のわたし、、わたしの中のアート」 作家紹介①:

» 目がドキドキ、心がわさわさ、頭がぐるぐる [まやのまやかし]
先日、原美術館で現在行なわれている「ウィンターガーデン:日本現代美術におけるマイ [続きを読む]

« 第9回企画展 「アートの中のわたし、わたしの中のアート」 | トップページ | 第9回企画展「アートの中のわたし、わたしの中のアート」作家紹介② »